葬式

ビル

家族中心のお葬式を無宗教で行う

家族葬は家族や親族、とくに親交の深かった友人だけに知らせて行う家族中心のお葬式です。
参列者は10人から25人程度が一般的です。
依然は、お葬式には近所の人や友人や知人、職場関係者など広く知らせるのが当たり前でしたが、現在は社会全体の傾向としてお葬式自体が小規模化しており、家族葬は急増しています。
弔問客の対応に追われることもないですし、費用を安く抑えられるのもメリットです。
このスタイルでは参列してもらいたい人だけに危篤や死亡の連絡をして、お葬式を内々で行うということを周囲にしっかりと知らせる必要があります。
そうでないと、予想以上に連絡が回ってしまい、大規模になってしまうことがあるからです。
一般に死亡の知らせは2親等までの近親者を中心とします。
故人の交友関係が広いときには、密葬にして家族でゆっくりとお別れをして、後日お別れをガーデン葬で行うことも可能です。
パーティスタイルでもできますし、自宅でこぢんまりと行うこともできます。

関連情報一覧

祖父の葬式はキリスト教式で行いました

家族中心のお葬式を無宗教で行う

良い葬式のために大切な葬儀社選びのポイント

シンプルなお葬式を無宗教でおこなう