葬式

ビル

故人を想い通夜式だけをおこなうお葬式

日本では死亡当日の夜は遺族や近親者だけで仮通夜を行い、翌日に弔問客を迎えて本通夜を、さらにその次の日に葬儀・告別式をおこなって火葬をするというのがお葬式における慣例です。
しかし、現代ではあまり大げさにしたくないという人も少なくありません。
そんな時には、葬儀・告別式を行わずに、親族や知人にも通夜だけでお別れをしてもらい、翌日そのまま火葬場に向かう密葬というお葬式スタイルもあります。
昼間に行われる告別式などは参列しにくく、通夜への参列者が増えていることから、通夜式でお別れをすませるというスタイルは、時代の流れに沿った形です。
参列者がそう多くはなく、6畳2間続きぐらいのスペースを用意できるのであれば、自宅で通夜式を行うのも落ち着きます。
祭壇は設けずに、棺のまわりを花で飾ったり、棺の前に焼香・献花台を置いたり、あるいは棺の中に献花するようにすれば場所もそう必要ないです。
もし、ホールを借りるときは遺体に一晩付き添えるようなところを選びます。

世田谷区での火葬式は
臨海斎場で行うことができます

火葬当日ご家族皆さんで
納棺が可能です

練馬区での葬儀社選び
お安いところをご紹介

最短三十分でご自宅までお伺いいたします
川口市内で葬儀をお考えの方はグランドセレモニーまで

関連情報一覧

祖父の葬式はキリスト教式で行いました

祖父はキリスト教徒だったので、葬式はキリスト教式で行いました。
キリスト教では通夜の習慣はあり

家族中心のお葬式を無宗教で行う

家族葬は家族や親族、とくに親交の深かった友人だけに知らせて行う家族中心のお葬式です。
参列者は

良い葬式のために大切な葬儀社選びのポイント

スムーズに葬式をとり行うためには、良い葬儀社に依頼することが大切です。
では葬儀社選びをする際

シンプルなお葬式を無宗教でおこなう

火葬式は通夜や葬儀、告別式を行わず、火葬してそのまま送るというシンプルなお葬式です。
直葬とい