葬式

ビル

シンプルなお葬式を無宗教でおこなう

火葬式は通夜や葬儀、告別式を行わず、火葬してそのまま送るというシンプルなお葬式です。
直葬といわれることもあり、以前はほとんど見られることのないスタイルでしたが、葬式はせずにお骨にするだけでもいいという考え方の人もいて火葬だけで見送るケースも増えてきました。
参列者は基本的に遺族や親族だけですが、特別に親しくしていた人がいるのであれば、遺体を安置している場所か火葬場に迎えてお別れをしてもらいます。
火葬式で送るといっても、法律の問題もありますから、少なくとも一晩はどこかに遺体を安置することが必要です。
自宅にスペースがあるのなら、できるだけ自宅に戻して故人の想い出を語り合いながら、お別れをします。
そして、遺族が集まったら葬儀社の手を借りて納棺し、着せたい服を着せたり、愛用品や花を棺に納めます。
なお、火葬場つきの斎場では夜通し遺体に付き添うことができないことが多いので確認が必要です。
無宗教で行うなら、出棺前に焼香するかしないかは自由ですし、遺影や蜀台だけ置いて黙祷するだけでも構いません。
最後のお別れは出棺前か火葬場で行います。

関連情報一覧

祖父の葬式はキリスト教式で行いました

家族中心のお葬式を無宗教で行う

良い葬式のために大切な葬儀社選びのポイント

シンプルなお葬式を無宗教でおこなう